宇宙人もアナルセックスが好きなのか?

宇宙人に犯されたという女性や、無理やり勃起させられて挿入させられたという男性の体験談はいくつも存在します。単に夢を見ただけなのか、妄想なのか、あるいは実際に宇宙人に遭遇して貴重な性体験をしたのかは定かではありませんが、こうした「体験談」は普通のセックスばかりです。女性であれば、固いモノを正常位で受け入れたという体験だけで、バックから入れられたとか、松葉崩しだったとかいうことも、3Pさせられた、フェラチオを強要された、クンニされていってしまった、アナル処女を奪われた、といった話はありません。

男性の場合も、女性上位で無理やり、ということはあるものの、バックからを強要されたとか、大きなクリトリスをなめさせられたとか、フェラチオされて勃起させられた、ヴァギナではなくアナルに入れさせられた、といった体験はないようです。また、人間とのセックスでは得られないほどの快感にしびれたとか、いきまくったとかという話も聞きません。宇宙人は性行為に想像力を働かせることがないのか、「被害者」の地球人にワンパターンの体験しかないのか、一体なぜなのでしょうか? エイリアンたちも、色んなセックスをしているはずです。

穴という穴をすべて使う地球人!?
人間以外の地球上の生物の性行為には、一つのパターンしかありません。哺乳類の多くは、オスがメスに後ろから乘っかかり、バックスタイルで挿入します。今日は横から入れよう、前から試してみようと体位の変更をすることはありません。オスが「立たないからフェラチオして」とメスに頼むこともありませんし、バイアグラを飲んで楽しもうということもありません。動物たちはEDになったらおしまいです。

人間はといえば、実に色んなアレンジを楽しんでいます。本来はペニスを入れるべきはずである穴に他のモノを入れてみたり、ものを食べるための穴や排泄のための穴にペニスを入れてみたり、「穴」であれば何でも活用してセックスを楽しみます。手で包んだり、おっぱいで挟んだり、股の間に挟んだりして射精させる、といったワザも開発しました。地球上の唯一の知的生物である人間は、実に色んな知恵を働かせて性行為をより楽しくする工夫をしてきたのです。

高等生物はエロエロなはず!?
学歴が高いほどセックスにかける時間が長く、アナルの経験率も高いという調査結果もありますが、知性はセックスバリエーションには大きく関係しているようです。動物に比べてはるかに知性の高い人間だけが、性行為を工夫しています。宇宙に暮らす他の生命体においてもそれは同じはずでしょう。単なる生殖活動をより楽しくするために、知恵を働かせるはずです。

地球上の動物たちにはペニスがありヴァギナがありますが、エイリアンも同じとは限りません。握手をしたりハグしたりするだけで性交したことになるのかも知れませんが、もし人類と同じような性交スタイルを持っているならば、穴という穴はすべて利用して快感を追求するはずです。アナルセックスもしているでしょう。もしかすると、地球人以上に頻繁にアナルを活用しているかも知れません。

もしエイリアンが地球にやってきたとしたら、それは我々よりも高い知性を持った生物に違いありません。であれば、アナルセックスも日常的に楽しんでいるはずです。「宇宙人に犯された」という女性の話が真実ならば、アナルにも挿入されていなければ不自然だと言えるかも知れません。