夢の中で手軽に憧れの人とセックスできる

「もしも好きに夢を操作出来たら、片思いのあの人とセックスする妄想をするのに」と考える方は、多いのではないでしょうか。寝ている間に見ているものは、基本的には自分の思い通りにすることがかなわず、時々「これは夢だ」と気づいた時ぐらいしか好きなイメージを浮かべられません。しかし何と、カフェインなどで眠り自体を浅くすれば脳が活性化し、好きな時に思い通りの夢が見られるようになるという噂があります。果たして、真偽の程はどうなのでしょうか。
浅い眠りを利用しろ!?夢をみるのに必要なことは??
一般に、寝ている間にはレム睡眠とノンレム睡眠の二種類があると言われており、前者の時は脳が働いている状態にあり、見ている夢を覚えていることも多いそうです。頭が活性化している、とは言い換えれば眠っていても脳が刺激を感じるということであり、触られたりした感覚が夢の中にまで及ぶと考えられます。以上のことを踏まえて眠るようにすれば高い確率でセックスする夢を見られるでしょう。

まず、寝る前に準備するものは二つあります。一つは弾力がある気持ちのいいもので、クッションや座布団、抱き枕などです。出来るだけ相手の身体をイメージし易いように、柔らかなものを選ぶようにしましょう。もう一つ用意するのは、アダルトビデオなど性交しているシーンのある動画です。自分の想像したい体位でしているもの、抵抗感なく見られるものにすると、比較的上手に頭への刷り込みが出来るでしょう。

リアルなイメージの刷り込みが大事!!カフェインは効果なし?
全ての用意が出来たら、いよいよ夢をみるために横になります。アダルトビデオを再生し、目に焼き付けつつ眠りにつくよう努め、夢の中へと入って行きましょう。ただ、寝る体勢が身体に無理のある格好であるなど、何か落ち着かない要素があると成功する確率が下がりますので、なるべくリラックスしていられる姿勢で眠りにつきます。

最後に、カフェインについてですが、沢山とったからといってレム催眠で居続けられる、というようなことはありませんので摂取する必要はありません。むしろ寝る前にコーヒーなどで水分をとると尿意を感じ起きてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

悶々とした性欲と恋心は、放置しておくとストレスになり身体に毒です。解消して健全な生活を送る為にも、意中の相手とセックスしている夢をみると良いでしょう。方法はセックスのイメージを吸収するための映像を用意し、本当にしているような感覚を得るために、弾力のある抱くものを用意することです。必ず見ることは難しいかもしれませんが、恐らく高い確率で最高にエッチな夢を味わうことが出来るでしょう。ただ、男性は夢精してしまう可能性もあるので、事後のことも考えた方が良いかもしれません。