性欲があっても無意味!?男性は射精障害に注意しよう

「性欲はあるんだけど、セックスでは気持ち良くなれない…」こうした悩みの原因は、『射精障害』にあります。射精障害の理由はたくさんありますが、この状態になってしまうと、性欲の有無はもはや無意味です。
男性は射精にこそ最高の快楽があるので、射精ができないとセックスすら億劫に感じてしまいます。セックスができないと男性機能としては致命的なので、そうならないために気をつけることを学びましょう。
射精ができない恐怖について
射精障害というのは、名前だけでも分かるような恐ろしい状態です。射精が行えない、もしくは正常な射精ができない状態で、これから家族を増やしていく場合、子作りにも悪影響があるでしょう。
一言で射精障害といっても、さまざまな種類があります。早漏や遅漏の場合、障害といっても射精自体は行えるので、最悪の場合でも子供は作れるでしょう。しかし、一番の問題は『膣内射精障害』です。
この一番重い射精障害の状態だと、セックスでは致命的な欠点となります。他の障害と比較して気持ち良くなれない上に、結婚すら危ぶまれるので、もしも該当するなら絶対に治すべきでしょう。
膣内射精障害って何?
膣内射精障害とは、名前だけでも状況の深刻さが伝わります。この状態だと、女性の膣内で射精が行えませんので、セックスにて絶頂ができません。遅漏と混同されやすいですが、遅漏の場合は時間さえかければ達することはできます。
また、膣内射精障害は、あくまで『膣内では』射精ができないだけです。オナニーなどの自慰行為では射精が行えるため、「セックスするまでは自分が射精障害なんて気付かなかった…」という人もいます。
これが膣内射精障害の特に恐ろしい点で、自慰の時に問題がないからと間違った方法にて気持ち良くなっていると、知らないうちに深刻化しているケースが多いのです。
膣内射精障害は普段の行為から気をつけるべし
膣内射精障害の原因は、一つだけではありません。なので異変に気付いたら、まずは専門医との相談で原因特定をするべきですが、『普段の自慰行為』が一番関係しやすいです。
例えば手にて自慰行為をする際、強く握りすぎるのはいけません。女性の膣内で射精するにはその圧力…いわゆる膣圧で絶頂を迎える必要があるので、それよりも強い圧力に慣れてしまうと、結果として射精障害になるのです。
また、うつ伏せになって擦り付けてから射精する自慰方法…通称『床オナ』も危険です。これも体重による圧力が強すぎるため、女性の膣内では射精しにくくなるでしょう。
こうした原因にて膣内射精障害になったら、ある程度オナニーを我慢しておき、手による優しめの刺激で射精しましょう。最初はできないかもしれませんが、時間と回数を重ねると、改善できるケースは多いです。
射精ができないと自分も相手も辛い
膣内で射精が行えないと、子供が作れないという致命的な問題が生じます。これだけでも十分辛いですが、他にもいろいろな面で耐え難い思いをするでしょう。
男性側が膣内射精障害だと、セックスでは気持ち良くなれないので、どうしても体を重ねることに抵抗感を覚えます。射精はできなくても女性を気持ち良くすることはできますが、義務感だけのセックスでは辛いだけですよね?
そして女性側も、「彼が射精できないのは私のせい?」と思い込む可能性があります。膣内射精障害は、男女の関係に大きく陰を落としますから、気付いたら早期のうちに相談し、お互い乗り越えられるように努力していきましょう。