数多くある宇宙人とのセックス体験談

宇宙人。そう聞くと、銀色の小柄な子どものような生物が、黒服の男達に両脇をつかまれている映像を想像する人も多いのではないでしょうか。そんな生物と、なんとセックスをした!という体験談が多く残っています。それだけではなく、子どもを作ったという話も。今回は、宇宙人とのセックスの必要性と、事例からいくつかを取りあげて紹介しましょう。
そもそも、宇宙人にセックスは必要なの?
宇宙人にセックスは必要なのでしょうか?特に、種族の異なる地球人とセックスして、その意義はあるのでしょうか?

ライガー』という生物をご存知でしょうか?ライオンとタイガー(虎)の交配種です。自然には存在しないこの種は、ライオンや虎の体長が1.5〜2.5mほどなのに対して、ライガーは最大約3.5mにもなります。体重は、ライオンや虎が200〜300kgに対して、倍近くの450〜600kgにもなる、ネコ科最大の動物です。

このように、雑種からハイブリッドを産みだすということは、地球人も実験としておこなっている行為なのです。宇宙人が地球人との雑種のハイブリッド種を作り出そうとしていたとしても、まったくおかしくはありません。
実際にあった宇宙人とのセックス体験記
宇宙人と性交渉を持ったという話は、ブラジルに多く残っています。

男性でいうと、あるブラジル男性のケースをあげましょう。1957年当時33歳の農夫だったアントニオ・ビリャス・ボアスは、宇宙人に誘拐され、裸にされたそうです。そこにあらわれたのは、地球人によく似た、金髪で身長1.3mほどの、全裸の女性の宇宙人でした。彼と彼女は、地球人のセックスと変わらない方法で行為をおこなったと言われています。
UFO事件簿/宇宙人とのSEX事件(1957年)

アメリカの女性は、10代の終わり頃に誰ともセックスしていないのにかかわらず妊娠し、流産しました。その後、退行催眠にかけられて判明したのは、宇宙人に誘拐されて、水晶でできたカプセルを体内に埋め込まれたとのことでした。その後にも、結婚中、夫と性交渉をした覚えはないのに妊娠、出産しています。
宇宙人にとってのセックス
アメリカの女性の例のように、宇宙人にとって、肉体的なセックスは絶対的に必要とは言えないようです。それでは、なぜ、地球人と宇宙人がセックスをした記録が残っているのでしょうか。アメリカで墜落したUFOから回収された宇宙人には、生殖機能がなかったそうです。つまり、セックスのできない身体だったのです。セックスのできる宇宙人というのは、我々地球人に近しい身体の構造をしている宇宙人だと考えられます。宇宙人にも、色々なセックス事情があるようです。

このように、宇宙人と地球人は、意外に身近な生物なのです。