婚前セックスで100回の鞭打ち?

日本だけではなく、世界中にはさまざまな法律があります。その中には、男女間のセックスに関するものも含まれているのです。なければ困るような法律から、つい「なにこれ?」と言いたくなるような法律も…ここでは、10個のセックスに関する珍法律を見ていきましょう。きっと、驚くこと間違いなしです。

◆その1:ニューヨークでは、公共の場で異性となれなれしくふざけ合った場合には25ドル
(日本円で約2050円)の罰金刑です。大都市ニューヨークでは、異性といちゃいちゃできないようです。たしかに、公共の場でいちゃいちゃしているカップルを見ると、「家でやれ」と思わなくもないですが、それを法律にしてしまうあたりが、さすがアメリカと言ったところです。

◆その2:モルジブでは、同じ相手との結婚は連続3回まで
モルジブでは、そんなに同じ人と結婚する人が多いのでしょうか…2回までなら、日本でもありえなくはない話ですが。ちなみに「連続」と着いているところがミソで、4回結婚したい場合は、間に別の人を挟めば連続でなくなるので、大丈夫とのことです。

◆その3:アリゾナでは、夫は月に1度だけなら、妻をひっぱたくことを許可する
ちょっとこれは困りますね。ドメスティックバイオレンスを許可する法律は、一体どんな目的で作られたのでしょう。大体、月に一回とは、誰が確認しているのでしょうか。

◆その4:マレーシアでは、結婚していないのにセックスしようとしたら、鞭打ち6回
「セックスしようとしたら」です。「セックスしたら」ではないのです。「だれでも情欲をいだいて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯した」ということなのでしょうか。ちなみに、マレーシアの国教はイスラム教です。

◆その5:インドネシアでは独身者が婚前交渉すると、鞭打ち100回
もっとすごい法律が出てきました。ちなみに、日本でも明治初期まで鞭打ちの刑は存在していましたが、文明開化と共になくなっていきました。

◆その6:アーカンソー州では、2度目の結婚のときは、白いウェディングドレスを着てはいけない
「純白のドレスとベールは、本来は処女のみ着用が許されている。処女でない女性は着色されたドレスを着用する。」という説がありますので、ここから来ているのでしょう。まあ、最初の結婚だからといって処女とは限らないのが今の世の中ですが…

◆その7:アイオワでは、5分以上キスをすることは違法
5分は、かなり長いです。体感してみるとわかりますが、かなり苦しいキスになります。ちなみにまったく関係ないですが、世界で一番長いキスは、タイ人カップルの46時間24分9秒です。

◆その8:ポーランドでは、離婚裁判がたった1万円でできる
「お試し結婚」などが流行りそうですね。実際、すぐに離婚してしまうので、値上げを検討中だとか。

●その9:アーカンソーでは、街中でいちゃつくと最大30日間の拘留
意外と、人のいちゃつくのを見ていらいらとする人は多いようです。アメリカはそのような行動に寛容というイメージがありましたが、土地柄なのでしょうか?

●その10:韓国では、浮気相手と3回の逢瀬で姦通罪
日本でも昔あった姦通罪。2回までならセーフなのでしょうか。少し気になります。

どうでしょう?世界のセックスに関する法律は。納得いくものから、トンデモなものまでさまざまだったのではないでしょうか。