幸せこそ全て!?女性は愛されて気持ち良くなる!

セックスに求めることは、人によって大きく変わります。男性の場合、「気持ち良ければ好きな相手じゃなくても構わない」なんて意見もありますが、それは褒められたことではありません。特に、女性に対してその意見をぶつけると、非難されることもしばしばです。

それくらい、女性はセックスに対して愛を求めます。特に「今自分は幸せかどうか」という点が快楽に直結しますので、欲望に任せたセックスだと、気持ち良いのは男性だけです。独りよがりになりたくないなら、セックスと愛について考えましょう。

女性は気持ち良くない!?セックスの衝撃的な事実
実は、男性に比べると女性は「セックスって正直気持ち良いとは思えない…」と答える人が多いのです。男性でもセックス嫌いがいないわけではありませんが、大部分が好きなので、これは衝撃の事実でしょう。

理由はいろいろあるのですが、一番は『女性は気分が高揚しないと気持ち良くなりにくいから』という部分に関わります。男性主導のセックスの場合、どうしても女性の気持ちを軽視しやすいのです。

また、「女性はセックスにもムードを求める」と聞いたことはありませんか?こうした特徴もあり、肉体的な要因だけでは女性が満足できないという真実は、知っておかないとセックスレスにつながる可能性もあります。

がっつく男のセックスは気持ち良くない?
この事実からも分かると思いますが、性欲に流されやすく、がっつく男性の場合は女性を気持ち良くできません。「自分はこんなに気持ち良いのに…」と考えるかもしれませんが、男女で体の作りが違うので、同じ物差しで意識するのはNGです。

極端な話、ただ単に女性に挿入することしか考えない男性は、オナホを使っているのと変わりません。独りよがりのセックスでは相手も喜ばないし、そもそも物扱いと同レベルなので、大変失礼な話ですね。

もしも相手が大切で、セックスを含めて長く一緒にいたいなら、心がけることは一つでしょう。それは、『女性を幸福にする』の一点です。

女性は幸福感で気持ち良くなれます
まずは、一つの例をご紹介します。

「子供が生まれてからなかなかセックスができなかったんですが、久しぶりに求められたときに「愛しているよ」って言われたらすごく燃えて、つい何度もしちゃいました」

通常、セックスというのは間が空きすぎると、冷める傾向にあります。しかし旦那側の一言でまるで新婚のような、濃密な時間が過ごせていますね。このように、女性は愛されることで幸せになり、そこが快感へとつながっているのです。

もちろん幸福に感じる条件は人それぞれですが、愛情を伝えられて嫌がるパートナーはいません。女性に気持ち良くセックスしてもらいたいなら、普段から愛情表現を惜しまないことです。

愛するセックスを意識しよう!
日常生活で愛情表現するのも大事ですが、セックス中ももちろん『愛しているのが伝わるアピール』を意識してください。言葉も大切ですが、セックスで大事なのは行為ですよね?

例えば丁寧な前戯、こまめなキスは非常に喜ばれます。基本的には『挿入を焦らない』という点を念頭におけば、女性は大切に扱われていると信じてくれるでしょう。

そして、セックスは事後も大事です。射精した後にそっけなくせず、抱きしめたり腕枕をしてあげたりすれば、女性は快感とは違った幸せにうっとりするでしょう。こうしたケアを怠らないと、その後もパートナーから求められるのは間違いありません。