女性が気持ちよくなるムードを作ろう!

昔から、「女性は雰囲気に流されやすい」という話を聞きませんか?これは、ムードを大切にする女性ならではの感性を表しています。男性からすると、「そこまでしなくても…」と思ってしまうくらい、考え方に隔たりを感じるかもしれません。

特に、セックスにおいてもそれは同じです。女性を気持ち良くしたいのなら、ムードを作ることも求められます。時には理解しにくい、男から見れば変わっているとも思えるその方針を、事前に理解してあげましょう。

男性はもっとムードを意識しよう
男性の性欲というのは、はっきり言って衝動的です。ムラっときてしまえば、「人目につかないところならどこでもいい!」なんて考えるかもしれません。男なら共感するかもしれませんが、女性からすると、これは多少理解されにくいでしょう。

女性は、そういった衝動的に求められるのが、あまり好きではありません。もちろん女性側だってムラムラすることはありますし、特に性欲が強めの場合、男性に合わせて衝動的なセックスをすることもあります。

しかし、多くの女性が支持するのが、『衝動的に求めてこない、いわゆる紳士的な男性』となります。「女性って変わってるし気難しい…」と感じているなら、紳士的に振る舞うことをもっと意識しましょう。

ムードが盛り上がれば女性から誘うことも!?
昔から女性はムードを大事にするように、例えセックスという人間の本能的な行為でも、雰囲気が良くないと気持ち良くは応じてくれません。もしも「恋人が気持ち良さそうにしない…」と悩んでいたら、それはムード作りを怠っている場合が多いです。

こうしたムード作りをしたいなら、テンプレート的なデートを想像してください。『夜景の綺麗なホテルのレストランで食事して、そのまま予約していたスイートルームで濃密な時間を過ごす』というお約束は、一度は耳にします。

そこに答えがあり、『女性は気分が盛り上がることで気持ち良くなりやすいし、自分からしたいと考える』のです。お互いが満足できないセックスというのは、ここを怠っているケースが多いでしょう。

お膳立てからセックスは始まっている!?
以上のこともあって、男性はセックスをしたいのなら、ムード作りのためのデートとワンセット、くらいに考えてください。女性側が気持ち良くセックスに応じてくれるほうが、男性にとっても後腐れがなくて理想的です。

といっても、それは難しいことではありません。女性の好きなところに遊びにいって、雰囲気に優れたラブホテルに誘えれば、無難なデートコースだと評価できます。下手に凝ったコースを考えるより、お互いが無理なく楽しめるくらいで十分でしょう。

また、セックスに突入しても、がっつかないようにしてください。まずは焦らすくらいに前戯をして、女性側の快感を増幅させましょう。そうすると、相手から挿入を希望するようになるのも、決して夢ではありません。

わざわざ毎回外出する必要はない?
「毎回雰囲気作りのためにデートするとなれば、気持ち良いセックスってお金がかかりすぎる…」と思いませんか?確かに毎回ムードを盛り上げるのは大変ですが、常にデートしないとダメとも言えません。

むしろ、どんなに素敵なデートだとしても、毎回だと人間は飽きてしまいます。だからいつもホテルを使うのではなく、普段は自宅に誘ってセックスするくらいでも良いでしょう。特別なデートというのは、回数を絞ることも大事になります。

また、自宅でデートやセックスをするなら、できるだけ綺麗にしておきましょう。汚い部屋ではムードが0なので、女性はまず喜びません。そしてちょっと小洒落た内装にすれば、安上がりで雰囲気を良くできるでしょう。