裸体就寝法で健康的で精力溢れる生活を取り戻せ!

就寝時にはお腹を冷やしてはいけない、ほとんどの人が子供のころにそう教えられてきたのではないでしょうか。夏でも冬でも下着に寝間着姿で寝る、これはごく当たり前の姿ですよね。しかし健康でいるためには「裸で寝た方が良い」、そんな説もあるのです。しかも歳をとってからも男性の精力を維持しやすいというのです。裸体就寝法の実力を検証してみましょう。
病気知らずになれる?
寝るときは体を冷やさない方が良い、そう教えられてきた人にとって裸で寝るなんて想像すらしないことではないでしょうか。寒くて風邪をひいてしまうのでは?ほとんどの方がそう思うはずです。しかし、シーツや布団などをしっかりとかけているのであれば、逆に裸の方が体がポカポカするというのです。
裸になるということは外気に直接肌が触れることになります。その刺激によって血流が活発化し新陳代謝が上がり体温が上がってくるのだそうです。外から温めるのではなく裸になることで体の内側からの産熱作用を生み出すことができるというわけですね。実は裸体というのは温かいのです。
ストレスフリーの熟睡を
裸体だと寒くて途中で起きてしまうのでは?そう考える人もいるでしょう。しかししっかりと布団をかけて寝ている限りは裸であっても寒くて起きるということはほとんどないのです。むしろ熟睡できるとすら考えられています。
人は覚醒時には深部体温が高く休息時には低くなることがわかっています。つまり昼間は体の内部が温かく夜間は体温が下がってくるのです。しっかりした熟睡のためには深部体温が下がりきっていることが必要なのです。効率良く体内の温度を下げるためには外側を温めることが良いとされています。裸体就寝は産熱作用によって外側が温まりやすいわけですから熟睡に向いているというわけです。寒くて起きるどころか熟睡できてしまうわけですね。
裸と男の精力の関係
裸で寝ることは精力増強にも役立ちます。裸体ならば下着や衣服による締め付けがありませんから体全体の血流が阻害されることがありません。またパンツによって股間が蒸れませんから睾丸も適正温度を保ちやすいという効果もあります。良い血流が勃起力を維持し、精子がスムーズに製造されることで射精感も高まりやすい、裸体就寝法にはそういった効果もあるのです。
勃起力で悩む人にこそ裸体就寝法を!
裸体就寝法は若い人はもちろん、中高年にも効果的です。健康に関する様々な効果がありますからむしろ歳をとってから積極的に実践したいところではないでしょうか。特に衰えがちな精力に効果が絶大ですから、ED気味な方にもお勧めです。バイアグラと併用すればさらに血流改善して下半身も元気を取り戻すことでしょう。なお、2014年にバイアグラと同じ有効成分のジェネリック品が日本でも発売になりましたので、興味のある方は医師にたずねてみてください。従来品よりも幾分安く入手できるはずです。