オランダにもある「セックス博物館」(museum of sex)

オランダのセックス・ミュージアムは駅前すぐ近くにあり、真面目な展示場所というよりは、アミューズメントパークのような娯楽感覚で楽しめる所です。驚くべきことに、見に来る人は男性よりも女性が多く、暇つぶしとしてだけでなく観光としても一見の価値があります。飾り窓地区などで売春が公認されているオランダは、やはり他国の博物館とは一味違い、見た瞬間固まってしまうようなものも多く見られるそうです。オランダらしい冗談めいたB級展示品に溢れる博物館の実態は、いったいどのようなものなのでしょうか。
無駄に凝っていて大胆?オランダのセックスへのオープンさ
入場料が安いセックス・ミュージアムですが、値段が手頃だからと「大したものはないんだろう」と思っていると度肝を抜かれます。無修正の性交を映したビデオはもちろん、石や大理石で作った男根などもあるそうです。

ですがまだまだこれは序の口、奥には機械仕掛けのものもあり、露出癖のある男性の人形が一定の間隔でコートをばさりと広げ、ズボンから出しっ放しにしたペニスを見せつけて来ます。さらには沢山の男の人が輪になって繋がっている描画など、芸術なのかギャグなのか判別がつかないようなものも少なくありません。さすが性にオープンなオランダ、日本人の言う「恥じらい」の文化など欠片もないようです。

深過ぎる懐!!何でもありのセックス展示物
既に十分興味をそそられているかもしれませんが、セックス・ミュージアムには、さらに常識を疑うような凄い展示物があります。館内の一画には、アブノーマルな行為ばかりを集めた場所があり、獣姦やスカトロなど普通のセックスしか知らない人々にとってはショッキングな光景が広がっており、カルチャーショックとなること間違いないでしょう。豚と交尾する女性や全身ピアスなどもあるそうで、興奮するどころか性欲が削がれること請け合いです。

ただ、ジョークのようなものばかりという訳でもないそうで、中には学問的な観点からみたものも幾つかあり、真面目な考察が出来ないこともないでしょう。とにかく、一つ分かっているのは、オランダには私達の性的知識をさらに豊かにしてくれる、素晴らしくも馬鹿馬鹿しい博物館があるということです。

オランダのセックス・ミュージアムは、お国柄を表すように性への懐の深さを感じさせる物が数多くあります。基本的なエロスはもちろん、獣姦やスカトロと言った一風変わった性交についての展示もあり、ノーマルなセックスしか知らない人の視野を広げてくれること請け合いです。ですので、もし彼の国へ行かれる機会があるのでしたら、性に対してオープンな心と深い知識を得るためにも、是非一度行ってみてはいかがでしょうか。