セックスで気まずくなりやすい早漏を改善するには

男女が行うセックスでは、体の仕組み上、男性のほうが先に達しやすくなっています。特にセックスに慣れていないと早いのも仕方ありませんが、あまりにも早すぎると、いわゆる『早漏』の疑いもあるでしょう。

早漏は身体的な特徴ではなく、射精障害として認識される問題です。あまりにも毎回すぐに達してしまうなら、専門の治療も必要になります。とはいえ、自分で改善していけますので、不安ならその方法を見ておきましょう。

早漏の定義は曖昧?
早漏という状態の共通認識は、『セックス中での射精が極めて早いこと』ですね。正常な男性はある程度タイミングをコントロール可能ですが、それが難しいかどうかも関わってきます。

ただし、早漏の定義はかなり曖昧です。30秒程度しかもたないと認定されたり、数分は我慢できても早漏だったりと、個人の主観が入りやすいでしょう。なので、早漏ではないのにそう呼ばれることで、ショックを受ける男性もいます。

特に、女性は男性に比べると、性的な満足を得にくくなっています。お互いがセックスに慣れていないとほとんどは男性が先に達するので、『女性を満足させられないのが早漏』なんていわれる、悲しいケースもありました。

早漏の原因を特定しよう
この早漏の原因ですが、意外なことに『精神的な問題』のほうが多かったりします。精神と一言でいっても分かりにくいですが、『セックスに不慣れで興奮しやすいほど射精が早い』と表現すれば、多少納得できるでしょう。

それを体現するデータとして、『若い人ほど射精が早く、十代男性なら早漏は珍しくもない』というものがあります。セックスへの順応は個人差がありますが、十代では以降の年代に比べて経験は少なく、若いうちは気にしすぎも良くないのです。

しかし、データでは理解できても、心無い言動によりセックスにトラウマを抱くと、それが引き金となって別の病気…ED(勃起障害)になりやすいです。EDは早漏と違って自分では治しにくく、専門医に診てもらってバイアグラなどを服用しないと、完治が難しいでしょう。

早漏は自分でも改善できる!
射精障害というのは、どれも自分で改善ができます。重度のものなら楽観視はできないものの、早漏も自分で治せるとしたら、気が楽ですよね?

早漏の原因は先ほども触れたように、『セックスへの慣れ』で改善が見込めます。肉体的な刺激に慣れつつ、精神的に余裕が出てきたら、少しずつ長持ちになるでしょう。焦ると逆に余裕が消えるので、長い目での改善が重要です。

また、精神的な要因が早漏につながるなら、「自分は絶倫だ!」と思い込むのも意外と効果的です。昔から暗示は医学的にも効果が期待されており、自信のないままセックスをするよりも、堂々と挑むほうが改善にも建設的でしょう。

無理して我慢するのは危険!?
早漏のままセックスをすると、「相手に悪いから限界まで我慢しよう」と考えるかもしれません。もちろん長く相手とつながりたいなら、多少の我慢も必要ですが、何事も過剰になってはダメです。

射精を我慢すると、前立腺に負担がかかるのは想像できますね。そして前立腺に負担を与えすぎると、その部位が病気になりやすいです。適度な射精は前立腺の働きが良くなるように、我慢は毒にもなると覚えておきましょう。

早漏のベストな治療は、セックスに慣れることです。それは良いパートナーに恵まれることも意味しているので、二人で乗り越えるのが最も効果的ですね。