手術はちょっと待った!包茎の方が気持ちイイかもしれません!

男にとってペニスの悩みは尽きることがありません。特に大きさにコンプレックスを持つ方は多く、より長くより太く、よりたくましい勃起力を!そう願う人はたくさんいます。また、ペニスの余り皮で悩んでいる男性も実は少なくありません。7割が包茎と言われている日本人、果たして皮が余っていることは恥ずかしいことなのでしょうか?包茎の意外な事実をご紹介していきます。
男は包茎で悩む…!
日本人男性のうち7割が包茎で悩んでいると言われています。中でも仮性包茎の方はとても多く、ほとんどの男性が平常時は皮に包まれているのです。「臭い」「みっともない」「不潔そう」包茎にはそういったイメージがあります。実際に年間数万人の方が「女の子にモテるため」「自信を持ってエッチするため」に包茎手術を受けているとも言われているのです。
包茎を治すメリット
包茎手術をして余り皮を切除することにはどんなメリットがあるのでしょうか?まず第一に見た目が良くなると感じることでしょう。いつでもどんな状態であってもズルムケで亀頭が見えている状態というのは男らしく「大人のペニス」ってイメージがあります。また、「清潔感」も包茎手術のメリットです。皮に包まれた状態だと亀頭が蒸れてしまい雑菌が繁殖しやすくなります。皮を剥いた時にカリの辺りに恥垢が溜まりやすくなったりもするのです。実際に包茎手術をすることで「感染症のリスクを軽減できる」ことは医学的にも認められています。病気だけでなく綺麗な状態を保てることで臭いも減らせますから、フェラをしてもらう時に女性へ不快な思いをさせることがなくなります。このように包茎手術には様々なメリットがあるのです。
欧米では包茎手術をしない?
とはいえ、絶対に包茎手術をしなければいけないのかと言えばそんなことはありません。実は包茎手術を積極的に行っているのは日本や韓国、その他アジアの国々だけだと言われています。欧米諸国では大人になってから余り皮を切除するなんてほとんどあり得ない話なのです。それどころか、ヨーロッパのある国では「平常時には包まれている方がペニスに良い」という考え方もあるのです。
皮が余っている方が気持ち良い!?
さらに最近の性研究では驚くべきことに「包皮も感度がある」ということが分かってきています。ベルギーの調査によると割礼をしていない男性はしている人よりも性的満足度が高いことが明らかとなったのです。また、「平常時、皮に守られているため亀頭が露出する勃起時に快感を得やすい」と唱える研究者もいるのです。確かに包茎男性の方が早漏傾向にあることは日本でも知られていることです。実際に、早漏対策のために包茎手術を考える方もいることでしょう。しかしそれは裏を返すと「感じやすいペニスを捨てる」ことになる可能性があるのです。

包茎は男にとって大きな悩み、もしかしたらその大前提を疑ってみる必要があるのかもしれませんね。