良く聞く体の相性は本当だった!?

男女関係において、大事なことはなんでしょうか?もちろん気持ちの問題も大切なのですが、深い関係となれば『体の相性』も大事です。「体の相性なんて都市伝説でしょ?」と思うかもしれませんが、これは医学的にもあるとされます。

体の相性がどのように決まるか、それが分かるなら是非とも知りたいですよね?特に事前にはっきりとするなら、良い関係を築く上でも役立ちます。体の相性はどのように分かってくるのか、それを見ていきましょう。

体の相性で離婚もあり得る!?
特に夫婦関係に言えることですが、体のつながりだけが全てではありません。ただし、夫婦となればセックスするのですから、この相性は無視できませんよね?また、体の相性が今後の関係にも大きく影響するのは、揺るぎない事実です。

体の相性について軽く説明しておくと、『単純に気持ち良いかどうか』であり、『気持ち良いほうが肉体的なつながりに幸せが感じられる』のも事実です。では、逆だとどうなるのでしょうか?

もしも体の相性が悪すぎれば、本来は気持ちが良いセックスという行為でも、快楽が感じられません。こうした肉体的なつながりが苦痛だと一緒に過ごす時間も減り、そこから離婚に発展することもあります。

体の相性が悪すぎてセックスが苦痛というのは、非常に稀なケースです。ですが、全くないわけでもなく、相性が良いほうが円満な夫婦生活ができるので、無視できない要素には違いありませんね。

体の相性はつながらないと分からない?
では、その体のつながりというのは、事前に分かるのでしょうか?これについては諸説あり、「匂いが好みだと相性が良い」とかいろいろ耳にしますが、どれも噂の域を出ていません。その中で、はっきりしている点が一つだけあります。

それは『体を重ねてみるのが一番』ということです。体の相性というのは、結局はセックスが気持ち良いかどうかなので、実際の行為に勝るものなんてありません。

ただ、気持ち良いかどうかで体の相性が分かるとしたら、『セックスが上手くて感じさせやすい人』というのも、相性が良くなりやすいと思いませんか?こちらは遺伝も絡む相性問題に比べると、後天的な要素が強いです。

女性は精神的なケアで随分違います
女性とセックスをした際、「相手が気持ち良くなさそうだから、相性が悪いかも…」と短絡的に考えるのはダメです。相性のせいにして次々パートナーを変えるような男性は、いつまで経っても良い相手に恵まれません。

女性というのはそもそも、精神的なケアがあると感じやすくなります。男性ほど外部の刺激が重要ではなく、いかに相手を愛しているか、そして大切にしたいという気持ちを伝えるか…これが大事なのです。

男性は体の仕組み上、先に達することも多く、射精後はそっけなくしがちです。ですが、事後に抱きしめあったり、挿入前にはしっかりと前戯をしておいたりすれば、女性は幸せに感じて気持ち良さそうでしょう。

こうすることで、相手は相性が良いと感じやすく、セックスにも積極的になります。そうなると、男性側も気持ち良くしようと配慮してくれるので、単純な相性以上に達成感も得られるでしょう。

相性は長期的に作ってみよう
恋人や夫婦に必要なのは体の相性だけでなく、性格や考え方も非常に大切です。それらが合致しているにも関わらず、セックスだけはイマイチだから別れる…これはあまりにも勿体無いですね。

なので、まずはお互いがされて嬉しいことを理解しましょう。そして気分が盛り上がってセックスをする場合でも、どうすれば二人とも気持ちが良いのか…体を重ねながらゆっくり相性を良くする努力が、実は一番大事なのかもしれませんね。