男が死ぬまでセックスするためにはどうする?

性は人生の彩りです。男も女も、誰かを好きになり欲情して性交することで、人生が豊かになり明るくなるものです。恋愛は気分を高揚させ、セックスは達成感を与えてくれます。性の交わりは人生の核をなすものであり、これなくして人が幸せになることはないとさえ言えるでしょう。ただ、歳をとり一定の年齢になれば、誰もがセックスから遠ざかることになります。中年期以降に男は勃起できなくなり、女は濡れなくなってしまいます。つまり、幸せから遠ざかるのです。死ぬまでセックスできるようにならないものでしょうか?
妻たちは不倫をするしかない!?
最近は30代でセックスレスになる夫婦もいて、結婚しているにもかかわらず、「最後のセックスは30代だった」という人さえいます。若いうちに「幸せ」から遠ざかってしまうのです。それに虚しさを覚える女性の中には、夫以外の相手に慰めてもらおうとする人もいます。浮気をしなければ「30代で人生が終わってしまう」のですから、ある意味では、自己防衛と言えるのかもしれません。

夫はと言えば、仕事のストレスで「やる気」が起こらず妻に欲情できなくなっています。EDで勃起できない人も珍しくはありません。バイアグラを使えば簡単に治せるのですが、「やる気」がないためにバイアグラに頼るという発想すらできません。定年を迎えてようやくストレスから解放され、夫婦生活を復活させようとしてみても、妻の体はとっくに他の男のものになっているか、からからに乾いてペニスが入らなくなってしまっています。こうして、いつの間にか「人生最後のセックス」がとうの昔に終わっていたことに気づくのです。最後の挿入がいつのことだったのかも忘れたまま、死んでいくしかありません。

死ぬまでするには「やる気」の維持が大切!?
70代、80代になっても健康に毎日できるようにするためには、まず若いうちからちゃんと続けておかなければなりません。一旦セックスレスになってしまえば、そこから性生活を復活させることはとても困難です。夫婦生活が幸せの核であることを認識して、レスに陥らないように気を付けなければなりません。仕事のストレスがペニスに与える影響はとても大きいので、ストレスコントロールにも気を付ける必要があります。

万が一、EDになったときには、迷わずバイアグラに頼ることも大切です。「立つ」ことはとても重要で、男の自信にも直結します。「EDでも立つ」ことを体感すれば「怖いものはない」という気持ちにもなれるでしょう。妻を満足させるためにあらゆる努力を怠らないことも大切です。

妻を愛することは体を愛すること!?
妻たちは体を愛されてこそ、「愛されている」という実感を覚えることができるものです。セックスもしないで「愛している」といくら言ったところで、心は通じません。妻のヴァギナを舐めつくし固いペニスで貫き尽くすことで初めて、愛が伝わるのです。30代、40代、50代と、常に愛し続けていれば、60代、70代になっても継続できます。妻のヴァギナが濡れにくくなればローションを使って挿入します。前戯をしっかり行えば、90代でも妻をイカせまくることができるでしょう。

セックスレスに陥らないように気を付けつつ、週に数回の性生活を続けていれば、シニアになっても衰えることなく交わることができるはずです。立たなくなればバイアグラを使い、濡れなくなればローションを使って、死の床で最後のセックスが「昨日の晩」だったことを思い出しつつ、幸せを噛み締めましょう。